大学院新入生の皆さんへ(2017年 3月27日更新予定)

情報システムの利用と自習教材について(English page)

ここでは、新しく九州大学に入学する学部と大学院のみなさんが情報システムを使えるようにするために必要な作業や注意事項について説明します。なお、今後も必要に応じて、説明を追加して行く予定です。

新しく入学した学部と大学院の新入生は、このページの後ろの方にも書いてありますが、
M2B(みつば)学習支援システムのサイト(http://m2b.kyushu-u.ac.jp/)からmoodleシステムにアクセスし「教職員・学生用コース」の中にある「情報倫理教材」に準備してある教材で自習してください。

M2B学習支援システムの使い方は、moodleのトップページの右側にある「M2Bマニュアル」を参考にしてください。

オリエンテーション
ここでは、2016年度の学部新入生向けのPC講習会の冒頭で放映するオリエンテーション動画を見ることができます。注意事項の中には重要な内容が含まれていますので、講習会の中で聞き逃したり、再度確認したい場合は下記のリンクから閲覧してください。これは学部の新入生用に制作されていますが、大学院生にも必要な内容が含まれていますので、大学院の新入生も見てください。

オリエンテーション動画(Windows & Mac用)(pdf)(1.6MB)
オリエンテーション動画(Windows & Mac用)(MP4)(16MB, 13m9s)

説明書の見方
ここでは、Webページ、PDF形式、mp4形式など、いくつかの種類のドキュメントを準備しています。以下の説明資料はmp4形式の説明をうまく見ることが出来ない時に参考にしてください。

PDF形式(Windows 7)(259KB)
PDF形式(Windows 8.1)(388KB)
PDF形式(Mac OS X)(219KB)

基本的な説明
この説明書は、教材の目標、キーボード操作、WindowsとMacの文字入力方法、仮名漢字変換、窓の操作、ファイルの保存方法などについて説明しています。
PDFとmp4の説明を提供しています。mp4のファイルはPowerPointのノートの部分を音声合成で読み上げているものです。基本的な説明(pdf)(315KB)
基本的な説明(mp4(7.8MB), 7m10s)
認証と認可
ここでは、情報システムを使う際に使うアカウントとパスワードについて、認証と認可という視点から説明しています。学生用SSO-KIDと学生番号の関係などを説明していますので、必ず理解してください。

基本的な説明(pdf)(315KB)
基認証と認可の説明(mp4(4.2MB), 4m47s)

アカウントとパスワード
ここでは、アカウントとパスワードについて、知っておくべきこと、注意すべきことについて説明をします。

アカウントとパスワード(pdf(142KB))
アカウントとパスワード(mp4(7.4MB), 6m14s)

アカウントの有効化
ここでは、アカウントの有効化、アクティベーションの方法について説明します。アカウントの有効化を行う前に「アカウントとパスワード」の説明を見て、パスワードなどについての注意を理解しておいてください。
なお、大学院生の場合は学生証の表面の学生番号の右側に登録コード、裏面にSSO-KIDが記載されていますので、そちらを参照してください。※注意
学部の新入生の場合に、合格通知に記載されているアカウントは以下の日程から利用可能となります(2016年度4月入学の場合)。
この日程以前にアカウントの有効化作業は行えませんのでご注意ください。「一般入試(前期日程)」,「AO入試」,「帰国子女入試」の合格者は  3月22日(火) 午後1:00~
「一般入試(後期日程)」,「留学生(国費,私費)」の合格者は  3月31日(木) 午前10:00~

※大学院生向け通知
内部進学者(例:学部→修士等)に関しては、アクティベート作業を行う必要はありません。

アカウントの有効化(pdf(1.8MB))
アカウントの有効化(mp4(7.2MB), 6m35s)


ID Activation page(Japanese/English) , choose English and Click “Activate your account first.”

Web学習システムの使い方(学部学生向け)
ここではWeb学習システムの使い方について説明します。これを使って、情報倫理、Word, Excel, PowerPointなど、Office系のソフトウェアの使い方を学びます。
高校までに習っていないことも沢山ありますので、気を抜かずに学習してください。Web学習システムにログインが出来た方は「教職員・学生用コース」にアクセスし、以下を受講してください。
・情報倫理教材
・よくわかるOffice2013Web学習システムの使い方(pdf(1.0M))
Web学習システムの使い方(mp4(3.9MB), 3m53s)
Webメールの使い方
ここでは学生基本メールの設置と、Webメールの使い方について説明します。Webメールは、面倒な設定が不要で、ブラウザがあればどこからでも使うことができるので、これを使って学生基本メールを読めるようにしてください。大学からの重要な連絡はこの学生基本メールに届きますので、必ず定期的に見るようにしてください。

※注意
全学基本メールは4月1日 16:00~利用可能となります。
それ以前での期間ではメールのアカウント設定は行えませんので注意してください。

英字氏名と転送設定(pdf(353KB))
英字氏名と転送設定(mp4(5.58MB))

Webメールの利用方法(pdf(587KB))
Webメールの利用方法(mp4(5.7MB), 4m27s)

 

M2B学習支援システム(学生向け)
M2B学習支援システムについて説明をします。
eラーニングシステム(moodle):受講する授業のレポート提出、小テストなどのeラーニングシステム
eポートフォリオシステム(mahara):日誌の記載などのeポートフォリオシステム
デジタル教材配信システム(BookLooper):デジタル教材の閲覧M2BマニュアルMoodle/Maharaユーザマニュアル
BookLooperユーザマニュアル
補足説明
この自習用教材でカバーできていないことについて、知っておくと良いこと、あるいは著作権について注意すべきことを説明します。

授業の参考資料(pdf(329KB))
授業の参考資料(mp4(2.8MB))

補足説明、著作権、セキュリティ(pdf(128KB))
補足説明、著作権、セキュリティ(mp4(2.7MB))

教育用無線LAN
講義室を中心に無線LANが整備されています。接続方法などは次のWebページを参考にしてください。

教育用無線LANの説明

ソフトウエアの一括契約について
九州大学では、マイクロソフトやシマンテックとソフトウェアの一括契約を行っており、皆さんのパソコンにこれらのソフトウェアを自己負担なしで入れることができます。詳しいことは次のWebページを参考にしてください。

九州大学で使えるソフトウェア

Thunderbirdの使い方(大学院生のみ)
ここでは、Thunderbirdの使い方について、基本的な設定、一般的な送受信などについて説明します。

Thunderbirdの設定(pdf(911KB))
Thunderbirdの設定(mp4(3.04MB))

Thunderbirdの利用方法(pdf(911KB))
Thunderbirdの利用方法(mp4(5.2MB))

Thunderbirdの応用(pdf(851KB))
Thunderbirdの応用(mp4(4.8MB))


Copyright: fujimura.naomi.274(a)m.kyushu-u.ac.jp